間違ったダイエット法@〜朝食抜きダイエット〜

現在日本糖尿病学会日本肥満学会でも

朝食抜きダイエットはお奨めしていません。

厚生労働省もこうした朝の欠食が日本人の

将来の生活習慣病の増加を招く予想をしており、

朝食を食べるように奨励しています。


理由は以下の通りです。

脳はグルコース(糖)のみで養われています。

肝臓や筋、骨格系にグリコーゲンとして貯蔵されるのですが、

朝食を摂らないで活動すると

昼食の前に脳に供給されるグリコーゲンが足りなくなってしまいます。

こうなると脳の働きは鈍ってしまいます。

朝食は体温も上昇させ、脳の働きを良くします。


朝食抜きダイエットでは2年後にはリバウンドで元に戻る場合が多く、

4−5年の経過で成功率を述べなければいけません。
タグ:ダイエット

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。